株式会社 栄養・病理学研究所

Institute of Nutrion & Pathology Inc.

株式会社 栄養・病理学研究所

研究実績RESEARCH ARCHIVEMENTS

R
R
esearch

原著論文PAPER

  • Production, absorption and blood flow dynamics of short-chain fatty acids produced by fermentation in piglet hindgut during the suckling-weaning period.

    Nutrients 10: 1220.

    Nakatani M, Inoue R, Tomonaga S, Fukuta K, Tsukahara T.

    論文の閲覧
  • Probiotic supplementation improves reproductive performance of unvaccinated farmed sows infected with porcine epidemic diarrhea virus.

    Animal Science Journal 89: 1144-1151.

    Tsukahara T, Inatomi T, Otomaru K, Amatatsu M, Romero-Pérez GA, Inoue R.

    論文の閲覧
  • Hippocampal metabolism of amino acids by L-amino acid oxidase is involved in fear learning and memory.

    Sci. Rep. 8: 11073.

    Usuda K, Kawase T, Shigeno Y, Fukuzawa S, Fujii K, Zhang H, Tsukahara T, Tomonaga S, Watanabe G, Jin W, Nagaoka K.

    論文の閲覧
  • Dietary administration of cell preparation of Enterococcus faecalis strain KH-2 stimulates murine cell-mediated immunity, and the possibility against the tumour development in mice.

    Biosci. Microbiota Food Health 37: 49-57.

    Tsukahara T, Nakamura S, Romero-Pérez GA, Ohwaki M, Yanagisawa T, Kan T.

    論文の閲覧
  • Gene expression profiles of CD4/CD8 double-positive T cells in porcine peripheral blood.

    Anim. Sci. J. 89: 979-987.

    Okutani M, Tsukahara T, Kato Y, Fukuta K, Inoue R.

    論文の閲覧
  • Oral supplementation of Bifidobacterium longum strain BR-108 alters cecal microbiota by stimulating gut immune system in mice irrespectively of viability.

    Biosci. Biotechnol. Biochem. 82: 1180-1187.

    Makioka Y, Tsukahara T, Ijichi T, Inoue R.

    論文の閲覧
  • ブリSeriola quinqueradiataにおけるマイタケGrifola frondosa粉末経口給与後の頭腎由来マクロファージ活性および生残率に及ぼす影響

    日本きのこ学会誌,26: 18-23.

    石原秀平,楠田理一,塚原隆充,三柴徹

  • Generation of anti-porcine CD69 monoclonal antibodies and their usefulness to evaluate early activation of cellular immunity by flow cytometric analysis.

    Anim. Sci. J. 89: 825-832.

    Hayashi Y, Okutani M, Ogawa S, Tsukahara T, Inoue R.

    論文の閲覧
  • Inclusion of Bacillus amyloliquefaciens strain TOA5001 in the diet of broilers suppresses the symptoms of coccidiosis by modulating intestinal microbiota.

    Anim. Sci. J. 89: 679-687.

    Tsukahara T, Inoue R, Nakayama K, Inatomi T.

    論文の閲覧
  • Ileal mucosal response to the same probiotic Lactobacillus strains is markedly different between suckling and adult mice.

    Biosci. Biotechnol. Biochem. 82: 329–333.

    Inoue R, Fujiwara S, Tsukahara T.

    論文の閲覧

学会発表CONFERENCE

  • UHPLC-MS/MSを用いたヒト尿における腸内腐敗産物6成分の分析妥当性の検討

    第29回クロマトグラフィー科学会議

    川瀬貴博,川上幸治,原田勝寿,長南治,塚原隆充

  • 日本人2型糖尿病における PICRUSt 予測メタゲノム解析を用いた腸内細菌叢プロファイルと宿主の糖代謝との関連解析

    第72回国立病院総合医学会

    浅原哲子,北野隆司,井上亮,塚原隆充,田中将志,井上隆之,村中和哉,山陰一,日下部徹,島津章

  • P. gingivalis由来LPS及び酪酸の継続的な歯周組織内接種は,マウスの行動異常を惹起する

    第61回秋季日本歯周病学会学術大会

    川瀬貴博,中村進一,豊田淳,落合邦康,塚原隆充

  • High sensitivity analysis of quinolinic acid and picolinic acid in plasma by UPLC-MS/MS.

    The 15th International Society for Tryptophan Research Conference

    Kawase T, Tomonaga S, Tsukahara T.

  • 採卵鶏雄における浅胸筋のイミダゾールジペプチド含量と血漿の分枝アミノ酸代謝物濃度は成長に伴い変動する

    日本家禽学会2018年度秋季大会

    友永省三,白石純一,川瀬貴博,塚原隆充,太田能之

  • アビシニアコロブスの消化管各部位における腸内細菌叢および代謝産物の網羅的解析

    第24回日本野生動物医学会大会

    中村進一,川瀬貴博,豊田淳, 飯田伸弥,正藤晴久,塚原隆充

  • マウス母体腸内細菌叢撹乱モデルを用いた脳発達促進を目的とするオリゴ糖カクテルによる介入法の検討

    第7回日本DOHaD学会学術集会

    栃谷史郎,塚原隆充,長田昌士,小泉聡司,片山高嶺

  • Possibility of Mealworm (Tenebrio molitor) powder as sustainable protein source against fishmeal in weaning pig.

    The 18th Asian-Australasian Association of Animal Production Societies, Animal Science Congress

    Choulet V, Hori A, Kawase T, Tsukahara T, Shiota T, Kawasaki T, Yano K, Kawasaki K.

  • Dietary ingestion of Lactobacillus helveticus strain MCC1848 increases resilience in a subchronic social defeat stress model of mice.

    The 41st Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society

    Maehata H, Kobayashi Y, Mitsuyama E, Kawase T, Kuhara T, Xiao J-Z, Tsukahara T, Toyoda A.

  • A cocktail of milk oligosaccharides influences gut microbiota colonization and microbiota-dependent neural development in a mouse model inheriting perturbed maternal gut microbiota.

    The 41st Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society

    Tochitani S, Tsukahara T, Nagata M, Koizumi S, Katayama T.

  • マウス母体腸内細菌叢撹乱モデルの母乳オリゴ糖解析とオリゴ糖カクテルを用いた仔腸内細菌叢への介入法の検討

    第22回腸内細菌学会

    栃谷史郎,塚原隆充,長田昌士,小泉聡司,片山高嶺

  • 日本人2型糖尿病におけるPICRUSt予測メタゲノム解析を用いた腸内細菌叢プロファイルと宿主の糖代謝との機能的連関

    第61回日本糖尿病学会年次学術集会

    浅原哲子,北野隆司,井上亮,塚原隆充,田中将志,井上隆之,横田繁史,村中和哉,山陰一,日下部徹,長谷川浩二,島津章

  • 乳糖果糖オリゴ糖(ラクトスクロース)摂取によるヒト糞便および唾液細菌叢の修飾

    第72回日本栄養・食糧学会大会

    岸野恵理子,山口祐依,原浩司,遠藤俊一,又来晴巳,櫻井信二,塚原隆充

  • 母体腸内細菌叢撹乱モデルを用いた新生児期オリゴ糖カクテル投与の仔脳発達への影響の評価

    第72回日本栄養・食糧学会大会

    栃谷史郎,塚原隆充,小泉聡司

  • コクシジウム実験感染鶏における枯草菌給与による腸組織異常の改善

    日本家禽学会2018年春季大会

    塚原隆充中村進一,今岡泰史,芦田延久,大友直樹

  • チャンキーと熊野地鶏の浅胸筋におけるメタボローム解析

    日本畜産学会第124回大会

    友永省三,白石純一,川瀬貴博塚原隆充,渡邊治貴,市川隆久,太田能之

  • 母豚への5-アミノレブリン酸(5-ALA)給与が仔豚の腸管及び免疫系の発達に与える影響

    日本畜産学会第124回大会

    神保いつき,河田祐樹,小林良奈,川崎淨教,堀晃宏,宇佐美聖人,谷口慎,塚原隆充,井上亮

  • 育成期ブタにおけるアミノ酸動−静脈差と日増体との関連性

    日本畜産学会第124回大会

    川瀬貴博,井上亮,河田祐樹,福田菊人,塚原隆充

  • 高脂肪食を負荷した老化促進モデルマウス(SAMP8)と対照マウス(SAMR1) における肝病変と腸内細菌構成の変化との関連

    第5回日本獣医病理学専門家協会学術集会

    中村進一,北野隆司,井上隆之,田中将志,井上亮,塚原隆充,浅原哲子

  • セルロースナノファイバー経口摂取による消化管内環境の変遷

    日本農芸化学会2018年度大会

    谷史人,中山裕介,山野上実希,森島美千代,桝田哲也,塚原隆充,井上亮,小川剛伸

  • Stenotrophomonas maltophiliaが分離された膿瘍を伴う扁平上皮癌のみられたヨツユビハリネズミ(Atelerix albiventris)の一例

    エキゾチックペット研究会症例発表会2018

    中村進一,安田賢

  • 左後肢跛行と大腿骨X線異常陰影より断脚手術を実施したミシシッピアカミミガメ(Trachemys scripta elegans)」の一例

    エキゾチックペット研究会症例発表会2018

    安田賢,中村進一

  • 他臓器への転移が確認されたヨツユビハリネズミのセルトリ細胞腫の一例

    エキゾチックペット研究会症例発表会2018

    安田賢,中村進一

  • Study on high sensitivity analysis of quinolinic acid and picolinic acid by UPLC-MS/MS

    第2回京都生体質量分析研究会シンポジウム

    Kawase T, Tomonaga S, Tsukahara T.

招待講演LECTURE

  • 見た目が同じに見える小腸も,部位によって乳酸菌への応答は異なる

    日本乳酸菌学会2018年度秋期セミナー

    塚原隆充

  • 腸管内短鎖脂肪酸と腸内細菌との関連性と,吸収後の体内分布

    第72回日本栄養・食糧学会大会

    塚原隆充,井上亮

解説記事COMMENTARY

  • 生菌剤「バチルスアミロリキファシエンスTOA5001株」の継続給与は,ウェルシュ菌(Clostridium perfringens)増殖抑制を通して鶏コクシジウム感染症を予防する

    鶏の研究第93巻第12号

    塚原隆充

  • 菌体資材(死菌体)

    Pig Journal,2018年4月号

    塚原隆充